怪談・昭和35年

クリックすると大きい画像が見られます
昭和35年1月発刊(S35/1)
<怪談19>定価150円

・奇妙な死(古賀しんさく)
・道成寺(小島剛夕)
・幻の船(サツキ貫太)
・乙女雪(山下よしお)
・鬼畜(浜慎二)
昭和35年2月発刊(S35/3)
<怪談20>定価150円

・骨のない男(古賀しんさく)
・雪衣姫<ゆきおんな>(小島剛夕)
・黒ばらの招き(山下よしお)
・猫は夜歩く(清水良)
・あの世ふたたび(天乃英夫)
・霧と影と(サツキ貫太)
昭和35年3月発刊(S35/4)
<怪談21>定価150円

・ミイラの母(古賀しんさく)
・霧笛(小島剛夕)
・狂雪(サツキ貫太)
・生首とゆく侍(福田三省)
・絵姿(山下よしお)
昭和35年4月発刊(S35/5)
<怪談22>定価150円

・憑かれた男(浜慎二)
・今宵また月は上りぬ(小島剛夕)
・菩提樹(山下よしお)
・霧の城(サツキ貫太)
・嵐を呼ぶ執念(古賀しんさく)
昭和35年5月発刊(S35/6) <怪談23>定価150円

・美しく霧の中に(古賀しんさく)
・おもかげの街(小島剛夕)
・笑う白骨(池三平)
・俺じゃない(多摩海人)
・何日君再来(山下よしお)

【資料】
ひばりコミック「ふり袖狂女」に再録
昭和35年6月発刊(S35/7) <怪談24>定価150円

・花の死(浜慎二)
・文楽(小島剛夕)
・火の鳥(山下よしお)
・窓(サツキ貫太)
・蝋人形(古谷あきら)

【資料】
「お役者変化」に再録。 
「お役者変化」は長篇大ロマン「緋ざくら駕篭」を改題して発行した作品。
昭和35年7月発刊(S35/8) <怪談25>定価150円

・過去の男(浜慎二)
・弱法師(小島剛夕)
・誰(サツキ貫太)
・夜光虫(山下よしお)
・黒い恐怖(多摩海人)

【資料】
怪談101に再録。
昭和35年8月発刊(S35/9)
<怪談26>定価150円

・自殺(浜慎二)
・京丸牡丹(小島剛夕)
・黒い蝶(古谷あきら)
・白蛇の舞い(森千秋)
・商品人間(多摩海人) 
昭和35年9月発刊(S35/10) <怪談27>定価150円
・荒野(浜慎二)
・わだつみは愛しからずや(小島剛夕)
・落ち葉の譜(サツキ貫太)
・足のない老婆(古谷あきら)
・砂塵(森 千秋)

【資料】
オール怪談別冊「祇園囃子」に収録
「幕末無宿伝」に「長崎物語」と改題して収録
昭和35年10月発刊(S35/11) <怪談28>定価150円
・奇妙な親子(古賀しんさく)
・悲しみは花に宿りて(小島剛夕)
・死せる魂(山下よしお)
・足(多摩海人)

【資料】
オール怪談70「義経と静」参照 オール怪談では8ページがカラーになっている。
カラーページは物語にそって描き直されている。  例えば、怪談の菊の花が桜に置き換えられる等。  コマ割り、台詞も微妙に違う。 カラーページ以外は同じ原稿使用。
昭和35年11月発刊(S35/12) <怪談29>定価150円

・ツイテナイ男(いばら・美喜)
・浮雲(小島剛夕)
・幻特別攻撃隊(サツキ貫太)
・人形の墓(山下よしお)

【資料】
「オール怪談・増刊」、「ひばりコミックス・阿波の踊り子」の2冊に再録。
「オール怪談・増刊」にある「西村つや子」のクレジットについては検証中。
昭和35年12月発刊(S36/1)
<怪談30>定価150円

・黒い奴達(浜慎二)
・春雷の譜(小島剛夕)
・河童(山下よしお)
・魔夜(サツキ貫太)