怪談・昭和34年

クリックすると大きい画像が見られます
昭和34年1月発刊

<怪談7>剛夕作品掲載なし

・山下よしお
・清水良
・山内かつよし
昭和34年2月発刊
<怪談8>

・生きていた検校(小島剛夕)
他不明
昭和34年3月発刊(S34/2)
<怪談9>定価150円

・禁じられた館(浜慎二)
・ある城主の死(小島剛夕)
・妖怪博士(清水良)
・この部屋に呪いあり(山梨幸二)
・骸骨の家(古賀申策)
剛夕作品掲載なし 昭和34年4月発刊
<怪談10>定価150円

・閉ざされた手術室(浜慎二)23p
・白い霧(多摩海人)30p
・すみだ川の少女(山下よしお)38p
・雪女(せき・りいち)24p
昭和34年5月発刊
<怪談11>定価150円

・母の待つ家(浜慎二)
・人形の囁き(小島剛夕)
・虎男(山内かつよし)
・私は貝になった(山下よしお)
・祈り釘(せきりいち)
・海神は導く(古賀しんさく)
昭和34年6月発刊
<怪談12>定価150円

・お前も死ぬのだ(山下よしお)
・悪の精(山内かつよし)
・白い局(小島剛夕)
・青い色の恐怖(多摩海人)
・執念明神ケ淵(大石広計)
・のろいの西瓜(平賀とくじ)
昭和34年7月発刊(S34/7)
<怪談13>定価150円

・人魚(山下よしお)
・見知らぬ少女(太田康介)
・エジプト奇談(山内かつよし)
・雨の雫(久慈あきら)
・生きていた船客(天乃英夫)
・戦慄の片腕(平田昭吾)
・花と闇(小島剛夕)
昭和34年8月発刊(S34/8)
<怪談14>150円

・血の涙(太田康介)
・骸骨に命を貸した少女(古谷あきら)
・死の影・生の影(小島剛夕)
・幻の影を慕いて(山下よしお)
・湖底の少女(多摩海人)
・地下室の死体(古賀しんさく)
昭和34年9月発刊(S34/9)
<怪談15>定価150円

・黒髪ざんげ(山下よしお)
・還ってきた二人(小島剛夕)
・呪われた宝石(サツキ貫太)
・死霊(久慈あきら)
・父をゆるせ(多摩海人)
・ラマの亡霊(古谷あきら)
昭和34年10月発刊(S34/10) <怪談16>定価150円
・湖のかなたに(山下よしお)
・白鷺は今もなお(小島剛夕)
・夜明け(太田康介)
・死神(清水良)
・永遠のカイン(山内かつよし)
・うごめくもの(古谷あきら)
【資料】
この作品は、後年長編大ロマン「真珠の墓」として描き直されている。
さらに描き直して少女フレンドにも掲載。
昭和34年11月発刊(S34/11)
<怪談17>定価150円

・あの世へつづく道(山下よしお)
・嵯峨野(小島剛夕)
・誰か呼んでいる(古賀しんさく)
・偽作奇談(清水良)
・ある野球選手の話(大石広計)
・石碑(山梨幸二)
昭和34年12月発刊(S35/1)
<怪談18>定価150円

・隠亡・おんぼう(古賀しんさく)
・多情仏心(小島剛夕)
・冬の夜の墓(山下よしお)
・妖人・あやかしびと(サツキ貫太)
・乙女蝶(多摩海人)
・なん年か前の事(山梨幸二)