怪談・昭和33年

クリックすると大きい画像が見られます
怪談・1 剛夕作品掲載なし 昭和33年7月発刊

・さまよえるミイラ(太田康介)
・猫が夜鳴く(浜慎二)
剛夕作品掲載なし 昭和33年8月発刊

<怪談2>定価150円

・死霊(山下よしお)
・幽霊屋敷(古谷あきら)
昭和33年9月発刊

<怪談3>剛夕作品掲載なし

・スペードの3(清水 良)
・闇の向うに人が立つ(浜 慎二)
・執念(藤咲のぼる)
昭和33年10月発刊

<怪談4>定価150円

・幽霊を見た男(山梨幸二)
・血と刃と呪いと(小島剛夕)
・呪いの古井戸(山下よしお)
剛夕作品掲載なし 昭和33年11月発刊

<怪談5>定価150円

・死に憑かれた男(大石広計)
・幽霊タイム(南芳枝)
・幻の合唱(雨沢道夫)
昭和33年12月発刊

<怪談6>

・宝石に手を出すな(藤咲のぼる=いばら美喜)
・吹雪の幽霊列車(古谷あきら)
・呪眼(小島剛夕)
・老怪坂と猫(佐藤よしろう)